荷造りの際に役に立つ!沖縄で過ごしやすい服装は?季節別に知っておこう

春夏の沖縄での過ごしやすい服装

まず、離島ではなく本当の那覇のデータを参考にすると、4月から6月頃にかけての那覇の1日の平均気温は20度から25度程度で、4月は少し肌寒い日もあるものの6月に関しては東京の夏の平均気温と同じくらいの暑さです。そのため、上はシャツやブラウス1枚、下はハーフorロングパーツ、もしくはスカートあたりの服装が最適です。夏場の暑さは東京と比べて相当なもののため、吸汗性・通気性の良いトップスに短パン、ハーフパンツ、短めのスカートで過ごすのが最適です。ただし、特に夏は蚊が多いため、通気性のよい羽織ものも用意しておく方がベターです。また、女性のかたは日焼けしたくない場合、日傘を忘れてはなりません。なお、5月から台風シーズンが来て、台風や急な雨で急に気温が下がることもあるため、寒いのが苦手なかたは油断せず、ある程度防寒性の高い衣類をバッグなどに携帯しておくことをおすすめします。

秋冬の沖縄での過ごしやすい服装

続いて、秋冬の沖縄での快適な服装に関しては、11月には平均気温は20度近くまで下がりますが、9月から11月でも那覇の1日の平均気温は春同様に25度前後もあります。特に9月は相当暑いため、9月なら夏同様の薄着の服装がおすすめです。10月から11月にかけては日によっては気温が寒いほか、冷たい風が吹くこともあるため、春とそんなに平均気温は変わらないものの、念のため男女とも下は長ズボンやロングスカートを履く形がおすすめです。上はシャツやブラウスのほか、長袖シャツ・カーディガンなどを用意しておくことと良いはずです。続いて冬季はさすがに沖縄も1日の最低気温が15度前後まで下がるため、長ズボンやロングスカートを履くのももちろん、上も長袖の衣類を着用する必要があります。さらに、薄手のアウターも着用するかバッグの中に小さく収納できるダウンジャケットを入れておけば特に寒い日でも防寒対策はばっちりです。

© Copyright Enjoy Family Trip. All Rights Reserved.